プロスカーやミノキシジル配合のカークランド、ツゲインをはじめとするAGA治療薬についてや、フィナステリドとミノキシジルの効果の違い、AGAの進行パターンと抜け毛対策、頭皮の血流をよくすることの抜け毛対策の効果性、健康的な髪を育てるための正しい髪のつくり方などを解説します。

プロスカーはジェネリックではなく先発医薬品

プロスカーとは、アメリカの製薬会社であるメルク社が開発、販売している前立腺肥大症及び男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
同じく同社が販売する同様の効能、効果を示すプロペシアという薬があり、プロスカーの価格自体はプロペシアより安くなっていますが、ジェネリック医薬品ではありません。

前述のように、プロスカーは元々前立腺肥大症及び前立腺がんの治療薬として開発されたもので、その臨床試験途中下に、珍しいパターンですが、髪が増える、髪が濃くなるなどの副作用が発見され、更なる臨床試験を進め、AGA治療薬として本格的に確立されたものがプロペシアなのです。
この2つの薬品の違いは、有効成分とされるフィナステリドの含有量の違いで、プロスカー5mg、プロペシア1mgとなっています。なぜなら、前立腺肥大症の治療には1日当たりフィナステリドが5mg必要であったからです。

このため、プロスカーをAGAの治療薬として服用する場合、そのまま1錠飲むと有効成分の過剰摂取となってしまいます。
そこで服用する際には、プロスカーは1錠5mgですから、1mgとするために5分割程度にする為、1日当たりの費用も安く抑えられるということになります。

ただ、プロスカーの効果は臨床でも非常に高いレベルの結果を残しており、3年間服用後の髪の毛が増えたと答えた人の割合は約80%で、国内団体のガイドラインでも推奨を受けるほどです。
なお、注意すべき点としては、前述のような過剰摂取にならないことのほか、プロスカー服用中や最低でも1か月間(本来は半年程度が望ましいようです)は献血はしてはいけません。

また、この医薬品は男性専用で女性の服用は出来ないとされています。
配偶者がいる方などはプロスカーを含むフィナステリド製品は女性が手で触ることも危険で禁忌事項となっている為、細心の注意を払うことが必要です。

プロスカーの効果

プロスカーは元来では前立腺肥大症の治療のために作られた薬となっていて、フィナステリドが含まれている錠剤です。
フィナステリドはプロペシアにも含まれている薄毛治療に使われている有効成分となりますので、AGA治療薬としても用いられてます。
DHTという男性型脱毛症の原因となってしまう物質について、抑制する効果がありますので薄毛治療に役立ちます。

フィナステリドが5mg含まれていることを挙げることができて、AGA治療の効果を得るために使用するのであれば1mgほどの量で十分であると言われています。
それ以上の量を使用したとしても、AGA治療としての効果は上がらないことがわかっています。
多くの量を使用してしまうと耐性が付いてしまったり、副作用を招いてしまうことも考えられますので、プロスカーの使用は4分割して使うことが原則です。

プロスカーは毛根細胞が生きている人の場合には、効果が現れやすいものとなっています。

プロスカーの副作用とは?

プロスカーを服用することで、男性の性欲に影響を与えることもあります。

まず、プロスカーについては、男性ホルモンの働きを抑える力が強いため、精力減退の副作用が起こることもあるのです。
プロスカーを飲み続けることで、精力を感じにくくなるだけではなく、ひどくなることで勃起障害にまで発展することもあり得ますので、飲むときには慎重に服用するようにしましょう。

また、服用することで、頭痛や吐き気、腹痛など体の異変としての症状が出てくることもあります。
頭痛など、体調面での変化が合った時、風邪を引いたと勘違いしてしまいますが、ちょっとした体調の変化であってもプロスカーの副作用である可能性があるのです。
飲んだときの副作用については、個人によっても強さやでてくる間隔に違いがありますので、自己判断で飲むのではなく、医師に相談しながら飲むようにしましょう。

プロスカーについては、これらの副作用が存在しているのですが、女性が飲むことにより胎児の健康状態にも影響が出やすくなってきます。

妊娠している方は、プロスカーを触るだけでも、皮膚を通して成分が吸収されてしまいますし、カットするときにも粉末が呼吸器官を通して入り込むリスクが存在しています。
プロスカーは、薄毛解消の成分が強くなっているため、錠剤をカットして飲んでいくのですが、妊婦がいる家庭で購入した場合、カットしたときの粉末を吸うことで、妊婦にも影響が出やすくなってしまうのです。
妊娠している女性がいる家庭では、副作用を防止するためにもプロスカーではなく、ほかの育毛剤を摂取してみるとよいでしょう。

副作用を防止するためにも、正しい飲み方を学んでおいたり、薬の管理に気を付けてみるとよいです。