プロスカーやミノキシジル配合のカークランド、ツゲインをはじめとするAGA治療薬についてや、フィナステリドとミノキシジルの効果の違い、AGAの進行パターンと抜け毛対策、頭皮の血流をよくすることの抜け毛対策の効果性、健康的な髪を育てるための正しい髪のつくり方などを解説します。

フィナステリドとミノキシジルでどちらの効果が高い?

現在AGAの症状による薄毛については、医療機関で治療をすることができるようになりました。
ですから、薄毛で困っていて、何とかしたいと思っている人は、一度診察を受けてみてもよいかもしれません。
そこで、AGA治療ではどのようなことをするのかというと、まずは内服薬を服用することと、外用剤を塗布するという方法があります。

内服薬については、フィナステリドという内服薬を服用し、外用剤に関してはミノキシジルという外用剤を塗布するのが一般的です。
では、フィナステリドとミノキシジルのどちらの方がAGAに対して効果があるのかというと、これはどちらかというとフィナステリドの方が、身体内部に作用するという点では、フィナステリドの方が効果的であるということが言えるかもしれません。

ですから、ミノキシジルに関しては、どちらかというとAGAに直接働きかけるというよりは、内服薬の効果を最大限に発揮させるために使用するものであるということが言えるでしょう。
ただし、副作用については、ミノキシジルの方は外用剤なので、内服薬と比べれば副作用は比較的少ないということになりますから、より安心して使用することができるということが言えます。

費用の比較

費用については、どちらもそれほど変わりはありません。
特にフィナステリドなどの内服薬については、ネット通販で安く購入することができますから、若干ミノキシジルの成分が含まれている外用剤よりもむしろ安い傾向にあります。

AGAによる薄毛がまだそれほど進行していない場合は、まずはミノキシジル配合の外用剤を使用してみた方がよいかもしれません。
外用剤だけでは効果がないと思われるようであれば、内服薬を検討してみるとよいでしょう。